トップ > 寺道DE落語会 > 寺道DE落語会とは

寺道DE落語会とは

寺道DE落語会とは、日本の伝統文化である落語を、湖西市にお住まいの方々が気軽に楽しみことができる「寺道落語会」を企画・運営する非営利団体です。

寺道落語会は、平成15年11月より、新居関所近くの本果寺本堂で年3回(4月、9月、11月)実施しています。

平成24年度からは、地元・新居町や湖西市の地域活性化に貢献する地域密着型落語会として、遠方からお見えになるお客様が、落語だけでなく、新居町や湖西市の美味しい食事処、お土産・特産品、景色、歴史なども楽しんで頂けるような落語会を目指しています。

【平成24年度】
湖西市および湖西市教育委員会からの後援
湖西市市制施行40周年冠づけ事業
の承認を受けました。
また、第23回寺道落語会は、湖西市文化の香るこだわり事業助成金を受け、
「湖西市市制施行40周年と桂文福師匠芸暦40周年を祝う会」を賑やかに行いました。

【平成25年度】
湖西市および湖西市教育委員会からの後援の承認を受けました。

観光情報学会第10回全国大会で
「地域密着型落語会で進める観光まちづくりの関係性モデルにもとづく地域活性化モデル」
という題名で、地域落語会が地元の地域活性化に貢献するための調査研究と実践を学会発表してきました。(6月15・16日 北見工業大学)

第25回寺道落語会は、湖西市文化の香るこだわり事業助成金を受け、
「新居町歴史建造物見学ミニツアーと落語&書き下ろし新作講談『郷土の偉人・世界の織機王 豊田佐吉』」を行います。